乾杯
「ビスタプリントのフォトブックの作成手順は?」
「ビスタプリントのフォトブック作りって難しくないの?」
「ビスタプリントのフォトブックで失敗しないためには?」

これからビスタプリントでフォトブックを作ろうと思っている人は「どうやって作るの?」「難しくない?」と疑問に思いますよね。

このページではビスタプリントのフォトブックの作成手順を紹介しています。

ビスタプリントのフォトブックの作成手順から失敗しないための3つのポイントを詳しく解説しています。

「自分でフォトブックを作成するのって難しそう。」と思う人でも作り方を知った上でフォトブック作りに取り掛かかればきっとスムーズにフォトブック作りができますよ。

これであなたもフォトブックの作り方をマスターできるかも?良ければ参考にしてみてください。

ビスタプリントのフォトブックの作り方を大公開!

乾杯編集

ビスタプリントのフォトブックは写真を貼るだけでなく、様々な編集もできるのでオリジナルのフォトブックを作成することができます。

編集方法も難しくないので作成手順を知って楽しみながらフォトブックを作りましょう♪では、さっそく作成手順を見ていきましょう。

サイズ、タイプを選択する

ビスタプリントのフォトブックは5種類のサイズから選択します。サイズに関してはこちらをご覧ください。

サイズ価格(税別)
横長L(28×21㎝)¥3,980
縦長M(15×20㎝)¥2,980
縦長L(21×28㎝)¥3,980
スクエアL(21×21㎝)¥3,580
スクエアXL(30×30㎝)¥5,980

となっています。どのサイズもページ数は24~120ページで2ページ毎に追加可能となっています。追加ページに関しては¥270(2ページ毎)です。

サイズの選択をしたら「作成スタート」をクリックします。

編集するエディターを選択する

エディター

次に編集するエディターの選択画面へ移動します。エディターとは編集用アプリケーションプログラムの総称です。

ビスタプリントの編集エディターは専用ソフトをダウンロードして編集できる「オフライン編集」とインターネット上で編集できる「オンライン編集」があります。

オフラインだとソフトをダウンロードしなければいけないので面倒に思う人がいるかもしれませんが、オンラインに比べ豊富なツールで編集できます。

オフラインを一度ダウンロードしておけば、写真を取り入れる際にオンラインのようにインターネット上に写真をアップロードすることもなくなるのでその後の時間短縮にもなります。

ソフトはWindows(Windows XP を除く)とMacに対応しています。編集エディターの比較に関してはこちらをご覧ください。

内容オフラインオンライン
写真レイアウト変更
写真自動挿入
写真編集
最大ページ数 120ページ120ページ
Photoshopプラグイン
画像マスク処理
インターネットからのコンテンツ追加
画像加工

となっています。今回は、オフラインでフォトブックの編集をした際の手順をご説明させて頂きます。それでは、専用ソフトのダウンロードから始めます。

  1. 編集エディターの選択画面にあるオフラインの「ダウンロード」をクリック。
  2. 【Vistaprint_Photo_Books_JP.exe】のファイルがダウンロードされますので完了したら「Vistaprint_Photo_Books_JP.exe」をダブルクリック。
  3. インストールの画面に入りますので「インストール」をクリックし、しばらくするとダウンロードが完了する。

となります。

ダウンロードが完了したらソフトを起動し、作成するフォトブックのサイズを選択して編集を開始します。

フォトブック編集の開始

次にフォトブックの編集をしていきます。ビスタプリントのフォトブックは編集内容が豊富なのできっと楽しみながらできますよ♪

写真を挿入する

フォトブックのサイズを選択したら「クイック挿入」で写真を入れるか「手動挿入」で写真を入れるか選択しクリックします。

クイック挿入はページがお好みの順番で自動的に作成されるので、1ページ毎にレイアウトするのが面倒な人やすぐ完成させたい人におススメです。

手動挿入だと写真を手動で挿入できるので、好きなところに配置してレイアウトすることが出来ます。両者の違いは写真を自由にレイアウトできるかどうかで、デザイン方法は同じです。

今回は手動挿入でフォトブックを作成した方法をご説明しますが、クイック挿入の挿入方法も見ていきましょう。

クイック挿入の場合

クイック

  1. 「クイック挿入」を選択すると写真を挿入する画面に切り替わる。
  2. フォトブックにのせる写真が入ったフォルダを選択する。
  3. フォルダ内の写真を選択するか、またはフォルダごと選択して指定されたページにドラッグする。
  4. フォルダごとドラッグすると1ページに載せる写真の枚数を設定することができ、設定に合わせて写真が配置されていく。
  5. 配置が終わったら画面上の「変更を保存」をクリックする。その後、編集ができる画面に移動する。

となります。1ページ毎に配置しなくて良いので、早く完成させたい人はこちらも検討してみてください。

手動挿入の場合

手動挿入

  1. 「手動挿入」を選択すると写真を配置したり、デザインなど編集できる画面に切り替わる
  2. 画面上の「写真」をクリックする。
  3. フォトブックにのせる写真が入ったフォルダを選択する。
  4. フォルダ内の写真を選択して画面上にあるページの部分にドラッグする

となります。

ビスタプリントのフォトブックはフルフラットタイプなので、見開きで1枚の画像を2ページ分使ってダイナミックな写真を残すこともできます。その場合ですと、

  1. フォルダ内の写真を選択する。
  2. 画面上の「挿入」を選択すると「2ページに広げる」項目があるのでクリックする。
  3. 1枚の写真が2ページ分に配置される
  4. ページ内に画像やテキストを配置する枠が残っているので「delete」キーか、右クリックして「削除」をクリックすると削除される

となります。

写真や文字を入力するテキストのレイアウトは画面上の「選択」をクリックし、好きなレイアウトを選択して画面上のページにドラッグすると反映されます。

この時に、1ページに配置したい写真の枚数を選択します。その後でも写真の大きさや枚数を変えたり、テキスト枠を好きな位置に移動させたりすることもできます。

写真の編集をする

ビスタプリントは写真の編集も豊富にあります。それでは編集内容をご紹介します。

トリミング機能

写真をページに配置したら、写真の中央部分に〇印が表記されます。そこをドラッグすると自由にトリミングの位置を変更することが出来ます。

また写真をクリックすると「+」「-」ボタンがでてきます。そこをクリックすると写真の縮小拡大をすることも出来ます。

カラーの調整機能

ページに配置した写真をダブルクリックします。画像編集画面になり「カラー調整」をクリックすると、カラーの調整が出来ます。

調整内容は、明度、コントラスト、彩度、色相、色温度と5種類あります。

また、「加工」をクリックすると白黒やセピア等数種類のテイストに変更することもできます。編集の終了をする時は「編集終了」をクリックします。

写真を自分の好きな形にする

画面左側の「マスク」を選択するといろいろな図形が出てきます。図形を選択して写真の上にドラッグすると、写真を好きな図形で残すことが出来ます。

写真の編集次第で更に良いアルバムを作ることが出来るかもしれません♪是非いろいろな機能を活用してみてくださいね。

文字の入力で思い出のフレーズを入れよう

テキスト

ビスタプリントのフォトブックにはテキストがあります。思い出の言葉を入力するとよりオリジナル感がでますよ☆

また、旅行先の場所や日付など入れておくことで後で見たときに鮮明に思い出すことが出来ます。

テキストはページ画面上の「T」マークか点線で囲まれている四角部分をダブルクリックすることで入力できます。

入力したテキストをドラッグして画面上の「テキストカラー」をクリックすると自由にお好きな色に変更できますよ。

同様にテキストをドラッグした状態で「背景色の設定」を選択すると背景色の変更もできます。テキストのフォントも様々な種類がありますので、自分好みのフォントを見つけましょう。
 

背景のデザインを選択する

1ページずつ背景に好きなデザインを入れることが出来ます。

画面上の「デザイン」をクリックすると、カテゴリーが出ますのでそこから背景を選択します。背景を選択したら、ページ画面にドラッグすると背景の完成です。

背景は右クリックをすると透明度の選択をして調整することもできます。また、自分の写真を背景にすることもできます。

手順はこちらをご覧ください。

  1. 配置したい写真をドラッグしてページ画面に載せる。
  2. 右クリックして「位置」をクリックする。
  3. 「背景として配置」の項目がでるのでクリックする

となります。この背景も同様透明度の設定ができます。

また、画面上の「挿入」をクリックして、「色」をクリックすると背景に色を付けることが出来るので、良ければ試してみてください。

クリップアート(スタンプ)も入れて素敵なアルバムを作ろう

ビスタプリントの編集はクリップアートを入れることもできるのです♪左側画面上にある「クリップアート」を選択し、好きなクリップアートを選択しドラッグして配置するだけです。

クリップアートは、アニメ、カラー、ラブ、パーティ、アルファベットとカテゴリー別にかわいいデザインがあるので、写真の内容と組み合わせながら、素敵なフォトブックを作っていきましょう☆彡

ページの追加方法って?

「もっとページを増やしたい!」こんな時はどうすれば良いのでしょうか。

パソコン上の画面下にそれぞれのページが表紙されています。そこに「+」マークがありますのでそこをクリックするだけで簡単にページを追加することが出来ます。

ビスタプリントの編集内容が充実していることがお分かりになりましたか?ほとんどが同じような操作で写真や背景やクリップアートを挿入できますし、編集もやり方さえわかれば難しい操作はありません。

「編集内容が多いのは嬉しいけど、うまく操作できるか不安。」という人は、ここでご紹介している作り方をぜひ活用してみくださいね♪

数量の確認をして後は注文へ

編集操作が終われば後はもう簡単です。画面上の「注文」をクリックして、数量の選択や必要な情報を入力してお会計となります。

ビスタプリントの利用が初めてな方は「支払いってどうするの?」と疑問に思う方がいらっしゃると思います。支払い方法は各種クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB)、コンビニ支払いとなっています。

詳しい支払い方法に関しては作成する前に知っておきたい!ビスタプリントで領収書、請求書、見積書は発行できるのか?支払い方法も全公開!でご紹介させて頂いていますのでよければ参考にしてみください。

以上でビスタプリントの作成手順を終わります。

ビスタプリントのフォトブック作りを成功させる3つのポイント

温泉旅行

「作成手順に関しては分かったけど、本当に満足のいくフォトブックが作れるか不安。」という方必見!

ここでは、ビスタプリントのフォトブック作りで失敗しないための3つのポイントをご紹介させて頂きたいと思います。

①.詰め込みすぎないこと

ビスタプリントのフォトブックはいろいろな編集ができるので編集しているうちに楽しくなってつい加工しすぎてしまったり、クリップアートを入れすぎたりなどしてしまう人もいるようです。

そのため、後になって製品が届いたときに「派手にしすぎちゃったな~。」「ごちゃごちゃしすぎちゃった。」ということになります。編集が済んだら今一度1ページずつ仕上がりを確認していきましょう。 

②.編集中はこまめに保存をする

パソコンを利用中に「フリーズした。」という経験は大多数の人が経験したことがあると思います。

せっかく作成中のフォトブックが1からやり直しとなったら最悪ですよね。ですので、そんなことがないように用心してこまめに保存しておきましょう。

③.必ず仕上がりをプレビューで確認する

①でもお伝えしましたが、仕上がりは必ず確認しましょう。フォトブック編集が終了したら、プレビューで仕上がりを確認することが出来ます。

確認する内容に関してはこちらを参考にしてみてください。

  • 写真のトリミングで顔が切れたりしていないか、正しい位置にあるか
  • 写真のカラー調整で明るすぎたり暗すぎたりないか
  • テキストの文字入力に間違いはないか
  • テキスト、クリップアートが写真とかぶって見えづらくなっていないか
  • 背景の画像は写真とあっているか

せっかく作成したのに、編集ミスで仕上がりが残念なことになったら悲しいですものね。プレビューで確認してから編集終了という気持ちでいると仕上がりの確認忘れをすることもないです。

ビスタプリントでフォトブック作りを成功させよう

完成

フォトブックの作成手順に関して説明させて頂きました。フォトブックは一生物の品となる大切なものです。そんな品がオリジナルで作れるって嬉しいですよね。

ビスタプリントのフォトブック作成はたくさんの編集項目があるので難しいと思う方もいるかもしれませんが、単純な操作で編集が出来てしまうので編集もしやすくなっています。

ビスタプリントのフォトブック利用者の評価が知りたい!良いとこから悪いとこまで全部載せちゃいますではビスタプリントのフルフラットタイプのフォトブック、リング式フォトブックの生の口コミ評判を載せていますので気になる方はこちらもチェックしてみてください♪

皆さんもビスタプリントのフォトブックでオリジナルのフォトブックを作成してみは?