名刺6

名刺は、自己紹介の手段の一つになります。

特に、仕事の場面で利用する人が多いともいます。

名刺は、その一つで相手への印象ができてしまうといっても過言ではないくらい大切な物なのです。

今後、大きなチャンスにつながる場合や、大事な付き合いとなる可能性もあるため、自分のことをしっかり知ってもらいたいですよね。

相手に好印象を与える魅力的な名刺を作成するにはどうすれば良いのでしょうか。

一般的な名刺ってどんな名刺なの?

名刺2

素敵な名刺を作りたいけど、そもそも一般的な名刺ってどんなものなのでしょうか。

名刺作りが初めての方や、名刺は持っているけど、今まで会社で完成されたものをもらっていた人は疑問に思うことかと思います。

先ずは一般的な名刺がどんなものか基礎知識をご説明させていただきます。

  1. 一般的な名刺のサイズは55㎜×91㎜
  2. 通常のサイズよりもサイズが小さい欧米サイズは89㎜×51㎜
  3. フォントはゴシック体や明朝体、英数字部分は欧文の書体で統一する
  4. ロゴマークは、基本的に縦書きは右上に、横書きは左側の目立つ場所に配置する。
  5. 名前や会社名は他の項目より目立つように文字を大きめに設定する
  6. 名刺は横型が多く利用されている
  7. 情報は詰め込みすぎると読みづらい、余白部分を意識する

となっています。

一般的な知識を踏まえて、相手に好印象を与える素敵な名刺を作れるようになると良いですね♪

記憶に残る魅力的な名刺作りを成功させる5つの秘訣とは?

名刺5

皆さんは、名刺を作る時どのようなことに気を付けて名刺を作成していますか?

どうせ作るなら、相手に好印象を与え、印象に残る名刺を作りたいと誰しもが思うことと思います。

ここでは、名刺作成を成功させるための5つの秘訣をご紹介したいと思います。

  1. 名刺表面に入れる情報は詰め込みすぎない
  2. 名刺は表面だけでなく裏面も情報を加える
  3. デザインを工夫する
  4. 写真を取り入れてみる
  5. 文字DECO、デザインDECOを活用しワンランク上の名刺に

①.名刺表面に入れる情報は詰め込みすぎない

ついつい知ってほしい情報がありすぎて名刺に盛りだくさんの情報をいれてしまいそうになりますよね。

しかし、そうするともらった人はどう思うでしょうか。

「わ~いろいろ書いているな~。読みづらいなぁ。」と思われるでしょう。

そして、情報量があまりにも多すぎると、あなたという存在を認識されるまでに時間がかかってしまう可能性もあります。

なので、名刺に記載する内容は相手に伝えたい最小限の情報にしましょう。

名刺に入れる情報に関してはこちらをご覧ください。

名前・会社名

一番知ってほしいのは、自分の名前かと思います。自己紹介の基本ですね!名前や会社名は文字を大きくして目立つように記載します。名前のそばに小さくローマ字表記を入れておくと、初めての人でも読み間違えることはないので、「相手に気を使える人だな。」と好印象を与えられます。

連絡先

電話番号やメールアドレス等の連絡先を入れます。あれもこれもと連絡先を入れては、相手もどこに連絡して良いのか分からなくなってしまう恐れがあります。連絡先は頻度の高いものだけにしておきましょう。

肩書

自分の今の役職や所属部署を記載します。フリーランスの場合職種を記入します。

必要最低限の情報である分目につきやすいですし、覚えられやすいでしょう。

②.名刺は表面だけでなく裏面も情報を加える

名刺をもらったとき、表面をみて相手がどんな人間なのか必要最低限の情報がわかったら、人は相手に興味を持った時に「もっと知りたい」と思うものです。

または、さほど興味なくても裏面の情報を見て興味を示してくれる場合もあります。

そのため、裏面もしっかり活用して自分の情報を記載すると良いでしょう。

たとえば、飲食店をしている人であれば、お店の名前、開店閉店時間、住所、電話番号、URL、バーコードリコーダー等のお店の情報を記入します。

初対面で会った人に、自分の業務内容など細かく話すのもどうかと思う時ありますよね。

そんな時、名刺を見ればある程度何をしている人かわかります。

相手が業務内容を見ることで、まったく知らない関係でも、それがきっかけでビジネスに発展する可能性もあります。

また、裏面も情報だけでなくさりげないデザインがあれば、より鮮やかに見えますのでとり入れてみるのも一つの方法かと思います。

ビスタプリントでは、裏面の加工もできるようになっています。

表面に合うよう裏面のデザインもなされているので、わざわざ表面と裏面のデザインを合わせるよう自分で作らなくて良いのも嬉しいところです。

初めての人でも簡単に情報が入力しやすいように、会社名、URL、キャッチコピーを入れるところが書かれていますので、配置に悩むことなく記載することが出来ます。

是非ためしてみてくださいね♪

③.デザインを工夫する

おしゃれなデザインだと、それだけで好印象なイメージありますよね。

相手の記憶に残るような名刺にするにはどうしたら良いのでしょうか。

デザインを選ぶときのコツとして、職業に関連するようなデザインを選ぶのも一つのコツになります。

例えば、飲食関係の仕事をしている人であれば、飲食関連のデザインを名刺に組み込むだけでも、名刺をもらった人には「飲食関連の人。」とより印象を与えることができるので、覚えられやすいですよね。

ビスタプリントであれば、職業毎にデザインが分かれているので、デザインプレートを選びやすくなっています。

デザインの種類もプロのデザイナーが作った5,000種以上のデザインがあり、何度でも無料で利用できるようになっています。

是非自分に合ったデザインで名刺を作ってみてください。

また、よりオリジナルを求めるのであれば、自分でデザインを入稿して作成することもできるので、世界で一つだけの名刺を作ってみてはいかがでしょうか?

④.写真を取り入れてみる

皆さん、「人の名前は覚えられないけど、顔は覚えている。」という人周りに結構いませんか?

文字だけを記憶するより、関連する写真があるほうがより記憶に残りやすいものです。

名刺は、仕事の場や、そのほかちょっとした食事会、関連業種の人たちとの交流会などでも使われます。

そんな中で、名刺交換をして少ししゃべって終わったということもざらにあることだと思います。

そのため名前だけでなく、本人の顔も入っていると、名刺をもらった後日も印象に残りやすいですよね。

次会う時に顔を忘れられたというようなこともないでしょう。

また、顔入りですとより信頼度もあがりますしねっ♪

また、顔意外でもこれを載せればあなたを連想させるような写真を取り入れてみるのもオリジナル感があって印象に残りやすいですよね。

⑤.文字DECO、デザインDECOを活用しワンランク上の名刺に

皆さんは、ビスタプリントに文字DECO、デザインDECOの名刺があるのを知っていますか?

そもそも、文字DECO、デザインDECOとは何なのでしょうか?

文字またはデザイン部分を厚盛りに加工するのです。

視覚はより加工されている部分に目がいきやすいですし、触覚も刺激されるのでより印象に残ります。

また、厚切り加工されていることで高級感もありますよね。

こちらも簡単に作成することができますので是非利用してみてください。

あなたの顔になる名刺を記憶に残る魅力的な名刺にする

名刺1

名刺の作成ポイントについてご紹介させていただきましたがどうでしたか?

名刺って一気に何十枚ともらう機会がある人もおおくいると思います。

そんな時、記憶に残る名刺を作れたら良いですよね☆

素敵なデザインや写真の加工を行い、見やすい名刺を作ることがその一歩です!

ぜひ皆さんも名刺を作る時の参考にしてみてください。

また名刺の作成方法に関しては名刺作成ならビスタプリント!ベテラン社会人が教えるビスタプリントのイチ押しポイント4選で詳しく紹介させて頂いていますのでご覧ください。